アパレル業界は華やかなイメージが先行して、実際の仕事内容はあまり知られていません。これからアパレル業界で働くのであれば、大変な部分も知っておくことが大切です。理想と現実のギャップを知っておけば、いざ就職してからイメージと違ったという失敗は避けられます。アパレル働くのに必要な準備や心構えについてまとめました。

アパレルってどんなイメージ?

アパレルの仕事といってまず思い浮かぶのは、とにかく華やかなイメージです。流行ファッションに身を包み、お客様と楽しく話しながら接客をする販売員や、バイヤーとして世界中を駆け巡るなど、一般職とは違った楽しみがありそうという印象を抱く方は多いです。確かにアパレルの仕事は華やかで流行の最先端を行く仕事ですが、その分大変な部分も多いです。在庫を運ぶ力仕事もありますし、商品の発注や管理の地味な仕事もあります。顧客とのやり取りでストレスを感じることもあり、基本的に体力と精神力が勝負の仕事です。しかし、それでもアパレルの人気が高いのは、やはりやりがいの大きい仕事だからです。

アパレル店員の仕事内容って?

アパレルの仕事とイメージのギャップを説明する例として、販売員の仕事内容を紹介します。アパレル求人で最も多いのが販売員の仕事です。未経験でもアルバイトとして働きやすく人気の職種です。最近はおしゃれで人気のある販売員が、カリスマ店員として雑誌に登場することもあります。しかし、ほとんどの販売員の仕事は非常に地味なものです。接客だけでなく、事務の仕事も多く、仕事内容は多岐に及びます。お客様への接客販売は大切な仕事ですが、それはごく一部の仕事です。納品作業や商品管理、通販の発送や在庫の発注など、様々な事務仕事を販売の間に行います。地道で細かい作業も、日常業務として重要な仕事になります。

自分磨きをすることでステップアップにつながる

アパレルの仕事は非常に人気ですが、その反面給料は低いです。そのため、業界内でのステップアップは収入を上げるのにとても重要です。業界の大変な部分も知っておくと、今の自分に何が必要かが自然と分かるようになります。自分のキャリアを向上させるためにも、接客スキルやファッションについての知識など、日々勉強を積み重ね、自分磨きをするようにしましょう。

もちろん、見た目に関する自分磨きをするのも大切です。たくさんの能力が要求される業界ですが、自分から積極的に知識や能力を吸収する事で、正社員になったり、上級職にステップアップできたりするなど、キャリアの道が開けます。