アパレル求人は未経験でもチャレンジしやすいため非常に人気が高いです。
試験を受けるライバルに勝つためには、アピールできるポイントが必要です。
アパレル業界はファッションに関する知識やセンスが求められますが、そうした能力を身に付ける近道になるのが資格試験です。
アパレル求人に応募するのに有利な資格について紹介します。

アパレル求人に資格が必要な時代がやってくる?

アパレルで働くうえで、特別な資格は必要ありません。
しかし、アパレル業界はトレンドの移り変わりも激しく、求められる知識や技術の水準も高い業界です。
人気の高いアパレル業界は、志望者もたくさんいます。
その中で企業が優秀な人材を採用したいと思うのは当然です。
この先、アパレルに関する資格を持っていた方が有利になるのは間違いないでしょう。

アパレル業界で幅広く応用できる「色彩検定」

色彩検定は、文部省が認定する色彩に関する能力検定です。
色彩というのは感覚的にとらえるしかありませんが、色彩を理論的に知識として身に付ける事で、実務に役立てることができます。
アパレルの仕事でも、デザイン、販売、ディスプレイなど、様々な仕事内容に役立てることができる人気の資格です。
試験を受けるのも特に資格は必要なく、比較的難易度も低いため、持っておくと有利な資格の一つです。

販売の仕事に役立つ「商品装飾展示技能検定」

アパレルの仕事は、服をいかに魅力的に見せるかという部分が重要です。
商品装飾展示技能検定は、売り場でどのように商品を展示すれば商品の売り上げが上がるかという知識と技能を持った人に与えられる国家資格です。
店内ディスプレイや、ショップの内装などの店づくりに役立つ資格なので、販売員の仕事をする方はぜひ持っておきたい資格です。

キャリアアップにも役立つ「ファッションビジネス能力検定」

ファッションに関する実務的な知識や技能を問われるファッションビジネス能力検定は、アパレル業界の中でも特にマーケティングや営業などの仕事に役立つ資格です。
ファッション業界でのキャリアアップを考えている方にとっては、是非取得しておきたい資格として人気が上昇しています。
試験は3級から1級までありますが、1級になるとアパレルでの実務経験が5年程度のレベルの能力が求められます。
そのため、面接試験を受ける際にファッションビジネス能力検定を持っていると、非常に有利な資格としてアピールできるでしょう。