アパレルの面接試験を成功させるためには、当日までにどれだけ事前準備ができていたかによって合否が左右されます。
質問事項の予測や、身だしなみの準備など、アパレルの面接で失敗しないための準備について説明します。

企業研究は抜かりなく!

面接試験で失敗しないためには、事前に質問事項の予測を立てておくことが大切です。
しかし、受ける企業の事を知らなくては、どんな事を聞かれるか質問事項の予測を立てることはできません。
その企業がどんな商品を扱っているか、業界の中でのポジションはどのようなものかなど、基本的な業務内容はしっかり調べておきましょう。

最低限、企業のホームページはチェックして、取り扱いブランドの最近の傾向などは知っておきたい知識です。
企業の事が理解できていれば、おのずと企業が何を求めているかがわかるはずです。
企業研究で得た知識を基に、質問事項の予測をしっかり立て、模範解答を作っておきましょう。

清潔感のある身だしなみを意識しよう

アパレルの面接で、必ずそのブランドの服を着用する必要はありません。
正社員の試験であれば、リクルートスーツを着ていくのが一般的です。アルバイトや、私服で参加するように求められた場合は、清潔感のある身だしなみを意識した服装で臨みましょう。
アパレルの仕事は人と接することが多い仕事です。

そのため、相手に不快感を与えないような身だしなみをしているかどうかは厳しくチェックされます。
洋服だけでなく、髪型やカバンなど、細かいところまで注意を払っておくことが大切です。

自己アピールの内容は明確にしておこう

面接では、自己アピールの場が与えられることが多いです。
自分の良さを売り込む絶好のチャンスなので、自己アピールの内容はしっかり事前準備しておきましょう。
特にアパレル業界未経験の方にとっては、自己アピールが最も自分の熱意を伝えられるチャンスです。

未経験の方は、「経験がないので自信はありませんが頑張ります」など、ネガティブな言い方になってしまう事が多いです。
自己アピールはとにかくポジティブに、志望動機などと結びつけて、その企業で成長していきたいという気持ちを伝えるのがおすすめです。

過去の経験を通して、自分がその会社で何に貢献できるかという具体的なポイントがあると、かなり印象がよくなります。
未経験だからといって遠慮せず、積極的に自身の強みを伝えられるように、しっかり事前に内容を準備しておいて下さい。